東京美容皮膚科クリニック

東京美容皮膚科クリニック

美容皮膚科・形成外科・美容外科

東京 浜松町駅0分 世界貿易センタービル本館14階

03-5777-0038
080-3022-3802(上記つながりにくい場合)

<受付時間>

10:00〜19:00(月・火・水・土)
10:00〜20:00(木・金) 日曜・祝日休診

HOME > ドクターブログ > 目元のたるみには... ウルセラ?サーマクールアイ?目の上のたるみとり?

目元のたるみには... ウルセラ?サーマクールアイ?目の上のたるみとり?

 

 

先日、目元のたるみの相談の患者様がいらっしゃってくださいました。

目の上のたるみといっても、どこがたるんでいるか、によって治療法が異なります!

二重の目頭側が、たるみにより末広型になってきたとのこと。さらにアイラインが引きにくくなってきてこまっていると。

目元のたるみは非常に多いご相談です。ただ、外側がたるんで二重の幅が外側が狭くなり、三角目になる方がほとんどで、目頭側が気になる患者さまは珍しいかと思います。

また、アイラインが引きにくいのは二重の間(まつ毛の直上)のところ自体のたるみが原因。

 

アイラインが引きにくくなる目の上のたるみというのは、例えばこんな感じ(笑)

P1000545 (2)

 

目の外側の二重が狭くなってきたとういうたるみであればルセラが非常に効果的であり、眉毛のリフトアップとしての認可もとっています。

ただ目頭側のたるみや二重の間(まつ毛の直上)のたるみとなると、ウルセラよりはーマクールアイが適応となります。

ただし、サーマクールアイの適応は軽度で穏やかな上まぶたの垂れ下がり、ちりめんジワなどで、対象となる患者様は外科的手術を望まない患者様。(By Thermage)

DSC_0548DSC_0549

重度のたるみや、眼瞼下垂がある人はやはり手術しないと厳しいところがあります。

ダウンタイムなしのサーマクールアイ目 デコメ絵文字

結果重視の上眼瞼たるみとりや眼瞼下垂の挙筋腱膜前転術ナイフ デコメ絵文字

たるみのことなら何でもご相談ください

 

©東京美容皮膚科クリニック All Rights Reserved.