東京美容皮膚科クリニック

東京美容皮膚科クリニック

美容皮膚科・形成外科・美容外科

東京 浜松町駅0分 世界貿易センタービル本館14階

03-5777-0038
080-3022-3802(上記つながりにくい場合)

<受付時間>

10:00〜19:00(月・火・水・土)
10:00〜20:00(木・金) 日曜・祝日休診

しみの最近のブログ記事

しみとその対策について

こんにちはsunとても暑い日が続きますね。

紫外線はシミ、しわの原因となりますwobbly以前のブログで「皮膚老化」についてご説明しました。

そちらもご参照ください。またシミが出来ないよう日焼け止めの使用についてもご紹介しております(UVlock)pencil

http://www.tokyo-biyo.jp/blog/2017/04/post-245.html

http://www.tokyo-biyo.jp/blog/2017/04/post-249.html

 

 では、残念ながら出来てしまったシミに対してはどうするか(転んだ後の杖ですね)が今回のテーマです。

まず、シミとは何か?からご説明します。シミは皮膚の色素の局所的な増量のことです。

では、なぜシミが目につくのか。

それは、シミが顔面皮膚の色素の濃淡の差によるからです。

日本人は黄色人種ですが、黄色人種に比べ白人の方はシミが目立ちますeyeそれは、もともとの白人の方の皮膚色に比べ、シミの色素が濃いため目立つのです。

黄色人種でも色白だねって言われる方もいれば、色が黒い方もいます。

色が黒い方はシミは目立ちませんよね。

つまり顔面に限って言うと、顔面の皮膚の色を限りなく一色にすることがシミの治療において一つの目標となりますconfident

赤ちゃんの顔を思い浮かべてください。シミ一つ無く色素は均一だと思います。

アンチエイジングとは言いますが、シミもしわもたるみも無い赤ちゃんの顔の状態が究極目標かもしれませんdelicious

 

次にシミの種類ですが大きく分けて5つあります。

①老人性色素斑、脂漏性角化症

②そばかす(雀卵斑)

③肝斑

④炎症性色素沈着

⑤後天性真皮メラノサイトーシス

 

今回は①②に対する治療法についてご紹介しますconfident

まず①ですが顔面に出現する最もありふれたシミと言われています。

20歳代から出現し、80歳以上の高齢者ではほぼ全員に見受けられますdash

ゆっくり拡大するもの、色調が濃くなるもの厚みを増すものもあります。

若い頃に日焼けをよくされていた方、若い頃には無かったけど最近、シミの様なものが増えたなと思われる方は①の可能性がありますので一度ご相談ください。

主たる原因は紫外線ですimpact本当に紫外線は恐ろしいですねcoldsweats01

老人性色素斑は脂漏性角化症の初期病変です。

治療法ですが当院では炭酸ガスレーザーを使用します。

EspritP-thumb-350x889-1255-thumb-150x381-1256-thumb-150x381-2118.jpgのサムネイル画像

照射部位がごくごく小さい場合は麻酔の注射はせず、冷却にて行うことがありますが、大きいものは麻酔の注射をして施術を行いますflair

施術後、約10日間はテープ保護をお願いしていますconfident

炭酸ガスレーザーは組織を破壊しますので一時的に「凹み」を生じる可能性があります。詳しくはカウンセリング時にご説明いたします。

次に②ですが、思い描いていただきたいのは色素の薄い方(白人の方がわかりやすいと思います)は、そばかす(雀卵斑とも言います)が目立つ傾向にあります。

586100.jpg

最初にご説明しましたが、色素の薄い方は濃淡の差によってシミが目立ちやすいのです。

そばかすに対しては当院ではSRAという機械を用いて治療します。

SRAはIPL(Intense Puled Light)+RF(高周波)となります。IPLはフラッシュライト療法に分類され、カメラのストロボのように強い光を照射していきますimpact

 

シミの原因はメラニンとなりますが、メラニンを多く含む組織に光を吸収させ、発生する熱によってシミの組織を変性・脱落させますpunch

治療後、約1週間〜10日程度でシミの部分が黒ごまの様に浮いてきます。

従来はフォトRFオーロラと言われていましたが、当院のSRAは最新のものにバージョンアップしておりフォトRFアドバンスと呼ばれますconfident

①の老人性色素斑に対しても散在性であればSRAの適応になります。

 

紫外線は絶え間なく降り注いでいますsun10代、20代の頃は海で日焼けをしてもなんとなく元に戻っていたかもしれません。

20代後半より、それまで蓄積されたダメージがシミとして表在化してきますwobbly

そして年齢を重ねると老人性色素斑、脂漏性角化症として現れます。

今からしっかり対策をする必要がありますね。

シミができた後の対策も今回ご紹介させていただきましたが他にもいくつかありますので、まずは気軽にカウンセリングにお越しください。

お待ちしておりますconfident

こんにちはsun

12月になり、寒さも一段と増してきましたねsnow

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

 

先日、アラガンジャパン社の先生をお招きして、ビスタシェイプテクニックシェアを行いました。

そのご紹介をさせて頂きますhappy01

 

ビスタシェイプ(VST®-Shape)は、顔全体のポイントとなる箇所に適切な量のヒアルロン酸を注入し、

さらにボトックス治療を組み合わせることで、大きな治療効果を得られることをコンセプトにした、

顔全体の印象を改善する治療法ですflair

 

12月に入り、年末年始のイベントに向けて、ウルセラ、サーマクールなど、予約がさらに増えてきています。

その中で、ヒアルロン酸注入も隠れた人気があります。

今まではたるみなどでくぼんでしまった皮膚やシワに埋めていく治療でしたが、

今回ご紹介するビスタシェイプ(VST®-Shape)は、中顔面エリア(目の下から口周り)を中心に注入し、

顔全体の印象を改善する治療法です。

 

皮膚にできる深いシワや溝は、その部分だけがくぼむのではなく、周囲の組織が垂れてしまうことにより、

顔全体の立体的な構造が変化することによってできてしまいますweep

そのため、シワや溝の直下だけではなく、これらの立体的な変化の原因となるポイントにヒアルロン酸を注入するアプローチが重要なポイントになりますsign03

ビスタシェイプ(VST®-Shape)では、中顔面(目の下から口周り)を中心に、

少量ずつのヒアルロン酸を注入し、周囲の構造を立体的に改善することにより、

鼻唇溝やマリオネットラインを含む顔全体の改善が期待できますhappy02shine

 

ビスタシェイプ(VST®-Shape)に効果的とされる方は、

*30~55歳くらいの方

*鼻唇溝(ほうれい線)を気にされている方

*アゴの下にラインがある方

などとされています。

 

実際にどのエリアにどれだけの量を注入するかは、その方のお悩みやたるみの状態、骨格によってい違いますので、

医師が全体的なアセスメントを行った上で判断します。

 

このように、骨格、血管・神経の走行、くぼみやたるみの状況を把握します。

解剖学を思い出します・・・coldsweats01

 

そして、いよいよ注入です。

場所によって、注入の深さ、量、注入の角度なども違うため、先生に細かく指導していただきながら、進めていきますeyeflair

 

《注入前》              《注入後》

ヒアルロン酸注入前  ヒアルロン酸注入後

 

気になっていたほうれい線やゴルゴラインが見事に薄くなり、頬骨の位置が全体的に上がっています。

アゴにも注入することで、だいぶ印象が変わりましたhappy01heart04

それと、眉やコメカミ部分にも少量注入することで、目も開きがよくなりましたhappy02

(目は隠させていただいているので、見れませんが。。。)

 

今回注入したヒアルロン酸は、ジュビダームビスタ ウルトラプラスというもので、

従来のヒアルロン酸よりもさらっとしていて、柔らかいのですが、

適切な硬さと優れた凝集性を持つため、様々な方向から力が加わっても、

表情の動きに伴って自然に形を変え、元の形に戻るという特性があります。

そのため、自然な仕上がりを長く維持することができるのですwinkscissors

もちろん、従来のヒアルロン酸でも、同様の注入法はできます。

ヒアルロン酸にも種類が色々あり、それぞれ特性も異なります。

その方それぞれのお悩みなどにより、種類や注入量などをご案内させていただきます。

是非一度、ウルセラ、サーマクールに加えて、更なるリフトアップup、してみませんか?

ウルセラ、サーマクールと同日治療も可能です。

 
 
アラガンジャパンの劉振軍先生と

 写真:アラガンジャパンの劉振軍先生と

 

ヒアルロン酸については、こちら ➡➡➡ 

 

 ジュビダームビスタ  当院取り扱いヒアルロン酸

 

こんにちはsun 東京美容皮膚科クリニック 守屋ですhappy01heart04

お久しぶりですhappy02 いつもドクターブログをお読み頂き、ありがとうございますlovely

お盆も過ぎましたが、まだまだ暑い日が続きますねsun 皆様、いかがお過ごしでしょうかsign02

最近、夏休みシーズンということで、かなり忙しい毎日dash

ドクターブログをなかな書くことができませんでしたdash

 

今回は「狙いを定めて引き上げるupウルセラリフトup

ウルセラはたるみの治療でも、一番人気scissors

連日予約が埋まっており、なかなか予約が取れなかったり、ご迷惑をおかけしていることもありますweep

 

今回は、モニターさんのご紹介ですsun

 

《照射前》

 

ビフォー8.jpg

《照射2ヵ月後》

症例25 アフター加工.jpg

 

全体的に、フェイスラインがスッキリしていますねshineshine

頬・顎の部分が引きあがることで、

気にされていた、ゴルゴライン、ほうれい線、マリオネットラインが薄くなっていますねhappy01

 

二宮院長が、先日、クール・スカルプティング、スマイルリフトを体験され、今後クール・スカルプティングを導入する予定とのことですbleah

クール・スカルプティングは、二重顎や膝上の脂肪などの部分的に痩せたいところに効果的ですhappy02

楽しみですねwinkscissors

 

7月から平本先生が入職されましたsign03

医師3名体制で頑張ってまいりますので、これからもどうぞよろしくお願いいたしますhappy02heart02

 

ウルセラリフトの詳細はこちら ⇒⇒⇒ bnr-ulthera.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

 

  headertel.jpgのサムネイル画像      headertime.jpg     

 

            

こんにちはsun

東京美容皮膚科クリニック  守屋ですhappy01heart04

 

前回に続き、今回はシミ、そばかす、肝斑の具体的な治療法、予防法などについて

書きたいと思います。

前回も書きましたが、シミだと思っても、意外と肝斑が潜んでいることも多く、

肝斑があると、レーザーや光の治療ができない場合があります。

 

肝斑

30歳以降の女性の頬部(頬骨部)、前額部、口周囲(鼻の下)に、ほぼ左右対称にみられる、茶色い、ベタッとしたものです。

 

原因としては、

①紫外線(70-80%)

②物理的刺激(60-70%)

 洗顔などによる摩擦も原因のひとつですwobbly

 優しく洗うことが大切ですねhappy01

③女性ホルモン(20-30%)

 経口避妊薬(ピル)や妊娠中などのホルモンバランスにも影響がありますwobbly

 

これらは、オーバーラップしていることが多いようです。

 

肝斑 アップ 修正済み.png

肝斑 右 アップ.jpg

 

このように、頬にモヤっとした茶色いものがそうです。

 

治療法:

まずは、3ヶ月間は内服、外用による保存的治療と生活習慣の啓蒙と言われています。

具体的には、

①ビタミンC・E、トラネキサム酸の内服

ルミキシルハイドロキノンなどといった美白剤、ビタミンCの外用

③クレンジングや洗顔の際に摩擦をしない

④紫外線予防

 

まずは肝斑の治療を始めて、肝斑が薄くなった時点で、シミの治療を行うと、効果的ですflair

 

 

シミ(老人性色素斑)

顔や手の甲など、紫外線のよく当たる部位にできるもので、

境界がハッキリとした円形の色素斑です。

シミ アップ.png シミ アップ 右.png

 

このような色素斑には YAGレーザーで照射します。

こちらは1回のレーザー治療で効果が得られることが多いです。

 

① 治療前        ②治療直後       ③1週間後       ④1ヶ月後

 

シミ 治療経過 YAG.png

照射直後は、このように白くむくんだ状態になります。

透明なシールを1週間貼って剥がすと、③のようにうすいピンクの状態になります

(カサブタが取れた後の状態)。

その後少しずつ普通の皮膚の色に戻っていきます。

 

その他に、ケミカルピーリングや、ルミキシル・ハイドロキノンのような美白剤、

ビタミンCの外用もオススメしています。

 

 

そばかす(雀卵斑)

頬、鼻、前額部に左右対称性に散在性に出現する、淡褐色調の小さな色素斑で、

日光に当たりやすい部位に出来やすく、遺伝するものもあります。

 

こういった、シミ、そばかすに対しては、

YAGレーザーやフォトRF(SRA)などの治療が適応となります。

フォトRF(SRA)は、IPLとRFの2種類の光を用いた治療です。

 

 

肝斑には、レーザーや光の治療をしてしまうと逆に濃くなってしまうことがあるので、

残念ながら照射できませんweepsweat02

 

このように、シミといっても、色々なものがあります。

 

「私のシミはどうなんだろう?どの治療があっているのかしら?」

とお悩みの方、まずは一度御相談にいらしてくださいhappy01heart02

皮膚科専門医が、責任を持って判断し、一番適切な治療をご提案いたしますwinkheart01

 

 

余談ですが、うちのベランダで去年から野菜を育てていますapple

トマト、パプリカ、オクラ、シソ、ベビーリーフなどなど・・・happy01heart04

寒くなってきた今でも、パプリカ、オクラは収穫できていますhappy02heart04

 

パプリカ1.jpgのサムネイル画像  オクラ1.jpg

 

パプリカappleにはビタミンが豊富に含まれており、ビタミンCはレモンやピーマンの2倍、ビタミンEはなんとピーマンの5倍も含まれていますhappy02

オクラcloverは食物繊維やカルシウム、カリウムの他、βカロテンがレタスの3倍も含まれているそうですdiamond

βカロテンは発癌抑制や免疫アップの効果や皮膚・粘膜を強くしたり、体内でビタミンAに変換され、美肌効果shineにもつながりますwinkgoodshineshine

私は最近毎日、こういった野菜を使ってスムージーにして飲んでいますhappy01

皮膚科医がお肌ボロボロでは説得力ありませんもんね・・

肌のお悩みについても、いつでもご相談くださいheart02

 

 

今週もお疲れ様でしたhappy01heart02

 

 

お顔の茶色い色素斑、シミ?肝斑??

こんにちはsun

東京美容皮膚科クリニック 守屋ですhappy01heart04

 

季節はすっかり秋maple 寒さに弱い私は、これから辛い季節ですweep

でも、食欲の秋sign03 たくさん美味しいものも食べなくてはですねwinkscissors

 

夏を過ぎて、シミが気になると、相談にいらっしゃる方も多く、

夏に日焼けされた方も、以前はすぐに消えていたのに、薄くなるのが遅いwobblysweat01

と悩んでいる方も多いのではないでしょうかsign02

 

しかしsign03 シミだと思っても、意外と肝斑が潜んでいることも多いのですbombbombbomb

 

肝斑があると、レーザーや光の治療ができない場合があります。

今回はシミ、肝斑の違いについて書きたいと思います。

 

そこで、肝斑とは??

 

30歳以降の女性の頬部(頬骨部)、前額部、口周囲(鼻の下)に、ほぼ左右対称にみられる、茶色い、ベタッとしたものです。

眼周囲や下に骨がないところには出来にくいと言われています。

 

原因としては、

①紫外線(70-80%)

②物理的刺激(60-70%)

 洗顔などによる摩擦も原因のひとつですwobbly

 優しく洗うことが大切ですねhappy01

③女性ホルモン(20-30%)

 経口避妊薬(ピル)や妊娠中などのホルモンバランスにも影響がありますwobbly

 

これらは、オーバーラップしていることが多いようです。

 

肝斑 アップ 修正済み.png

肝斑 右 アップ.jpg

 

このように、頬にモヤっとした茶色いものがそうです。

 

 

一方で、シミ、そばかすはどういうものかというと、

 

シミ(老人性色素斑)

顔や手の甲など、紫外線のよく当たる部位にできるもので、

境界がハッキリとした円形の色素斑です。

シミ アップ.png シミ アップ 右.png

 

 

 

そばかす(雀卵斑)

頬、鼻、前額部に左右対称性に散在性に出現する、淡褐色調の小さな色素斑で、

日光に当たりやすい部位に出来やすく、遺伝するものもあります。

子供の頃から出現しやすいです。

3-5歳頃から出現し、思春期前から目立つようになり、加齢と共に悪化してきます。

「赤毛のアン」のイメージでしょうか。

 

こういった、シミ、そばかすに対しては、YAGレーザーやフォトRF(SRA)などの治療が適応となります。

 

 

肝斑には、レーザーや光の治療をしてしまうと逆に濃くなってしまうことがあるので、

残念ながら照射できませんweepsweat02

 

肝斑がある場合には、

ビタミンC・E、トラネキサム酸の内服、

ビタミンCやハイドロキノン、ルミキシルなどの美白成分の美容液の外用、

洗顔やクレンジングで摩擦をしないこと、

紫外線予防をすることで、

徐々に薄くなっていきます。

まずは肝斑の治療を始めて、肝斑が薄くなった時点で、シミの治療を行うと、効果的ですflair

 

いずれにしても、「私のシミはどうなんだろう?どの治療があっているのかしら?」

とお悩みの方、まずは一度御相談にいらしてくださいhappy01heart02

皮膚科専門医が、責任を持って判断し、一番適切な治療をご提案いたしますwinkheart01

 

次回は、

肝斑、シミ、そばかす(雀卵斑)の具体的な治療法、予防法などについて

書きたいと思いますpencil

今週もお疲れ様でしたhappy01heart02

 

 

©東京美容皮膚科クリニック All Rights Reserved.