サイトトップ > ドクターブログトップ > タトゥー・刺青除去 その2

タトゥー・刺青除去 その2

ドクター倉田 2017/04/22

こんにちは。

今週、東京は夏日が続きますね

もうすぐビアガーデンの季節・・・

少し気が早いかもしれませんが(笑)

今回は「タトゥー・刺青除去〜その2〜」です。

タトゥー・刺青除去について方法論、実際の施術内容について前回詳しく述べておりますので、ぜひご参照ください

15年前に機械でタトゥーを入れた方です。

前回は照射4日目(部位:下1/2)まで載せています。

タトゥー・刺青除去 その1

 

照射5日目(部位:下1/2)・照射当日(部位:上1/2)

形成された痂皮(かさぶた)の一部は上皮化(皮膚に戻る)しつつあります。

ご自宅で軟膏処置はしていただいています。

 

 

下1/2の状態がほぼ落ち着いたので、上1/2の照射を本日しました。

下1/2同様、照射直後はホワイトニングを認めます。

やはり痛みは「ゴムで弾かれた様な感じ」だそうです。

前回、痛みをご経験いただいているため、今回は比較的楽だったとのことでした。

軟膏処置を行い、ガーゼ・包帯で保護しております。

 

 

照射6日目(部位:下1/2)  

下1/2はかゆみも消失しました。

元々、タトゥーの色素が薄い箇所はすでに消えつつあります

 

 

照射1日目(部位:上1/2)

上1/2は照射部位に一致して小さな水疱が形成されています。

出血、熱感、腫れはありません。

痛みもほぼ無いとのことでした

軟膏処置を行い、前日同様にガーゼ・包帯で保護しています。

 

照射7日目(部位:下1/2)  

下1/2の軟膏処置は本日までとし、次回の照射までは経過観察としました

季節に応じて軟膏処置の日数は変わります(梅雨時期や乾燥する時期など)。

詳しくはカウンセリング時にご説明します。

 

照射2日目(部位:上1/2)

上1/2ですが、昨日より水疱の大きさが少し大きくなった印象です。

仮に高出力で全範囲照射した場合を想像してみてください

水疱が融合し「ひどい火傷」の状態となる可能性が高いです。

レーザーのショット数で金額を設定しているクリニック(○○円/1ショット)、回数限定でコース売りをしているクリニックだと「ひどい火傷」になるかもしれません。

正しい知識、正確な情報を持って治療に臨んでください

 

照射3日目(部位:上1/2)

上1/2は水疱の新生は無く経過しています。

腫れ、痛み、熱感もありません。

軟膏処置をし、ガーゼ・包帯にて保護しました。

元々タトゥーの色素が薄い箇所はすでに消えかけています

 

 

照射4日目(部位:上1/2)

水疱の一部が痂皮化(かさぶた形成)してきています。

軟膏処置を継続していただきました。

 

 

照射5日目(部位:上1/2)

痂皮化がさらに進み、フレッシュな水疱は消えてきました。

経過が特に問題なさそうであったので通院は本日までとしました

しばらく自宅にて軟膏処置を継続していただきました。

 

4月20日の時点です(照射約3週間経過)。

日焼け対策をしっかりしていただいています。

経過は特に問題がありませんので、次週以降に一段階パワーを上げて第2回目の照射(次回から全面照射)をしていく予定です

 

以上がタトゥー除去(レーザー治療初回〜経過)の大まかな流れとなります。

ご不明な点などございましたら、カウンセリング時にお聞きください。

綺麗に傷跡を残さず、生活に支障を来さないように消す

これが当院の目指すタトゥー除去です。

タトゥー除去をお考えの方、他院で高額な見積もりを出された方、他院で失敗された方など、まずはカウンセリングにお越しください。

日本トップクラスの症例数を誇る東京美容皮膚科クリニックだからできる治療をご提案します

今週もお疲れ様でした

 

遅いですが桜が満開になりました

 

 

東京美容皮膚科クリニック公式フェイスブック 東京美容皮膚科クリニック公式ツイッター 東京美容皮膚科クリニック公式インスタグラム 東京美容皮膚科クリニック公式ライン

 

 

アーカイブ

人気記事

ページのトップへ戻る