サイトトップ > ドクターブログトップ > タトゥー・刺青除去 その3

タトゥー・刺青除去 その3

ドクター倉田 2017/04/28

こんにちは

今日はプレミアムフライデーですか!?

ゴールデンウィークに突入された方もおられると思います

 

今回は「タトゥー・刺青除去〜その3〜」です。

その1、その2もぜひご覧ください

タトゥー・刺青除去 その1

タトゥー・刺青除去 その2

 

前回は上、下と2分割照射としていましたが、今回から全面照射としました。

※背中一面、腕全周のように広範囲に渡る場合は分割照射としております。

前回は照射初回であり、「腫れ」「出血」「痛み」のリスクを考え、あえて‘まびき目’に照射しました。

照射後の経過に特に問題はなく、初回より少し密に照射することとしました

 

QスイッチーYAGレーザー2回目

照射当日(4/24)

前回同様、麻酔クリームを塗布し照射の準備をしました(基本的には痛み止めのテープを貼って来てもらいます)。

照射直後はホワイトニングを認めます。

照射の痛みは「ゴムで弾かれた様な痛み」ということでした。

初回に比べ痛みに慣れてきたとのことです照射後は2時間程度でチクチクとした感じが出現したようです

 

照射1日目

初回より一段階パワーを上げたこと、照射を前回より密にしたこともあり、水疱のサイズが前回よりやや大きくなっています(1〜2mm大)。

一部癒合していました。

照射部位に一致して赤みが出現していますが、熱感や腫れはありませんでした。

 

 

 

照射2日目

水疱のサイズは変わりませんが癒合する箇所が一部増えました。

また赤みが少し濃くなった印象です。

腫れや痛みは無く日常生活に支障を来さない程度とのことでした

 

 

 

照射3日目

照射部位周辺に痒みが出現したため、本日のみステロイド外用をしました。

痒みが出現した場合は、まず冷たいタオルで冷却します。

大体の場合は落ち着きますが、症状改善ない場合にはステロイド外用をする場合があります。

かさぶたができる時は痒みはよく出現します

子供の時にかさぶたを剥がして怒られたことがある方も多いはず・・・。

 

 

 

照射4日目(4/28)

腫れもなく新しい水疱ができることもなく経過しております。

フレッシュな水疱は無く、水疱の半数以上は痂皮化(かさぶたができる状態)しています。

照射部位う周囲の赤みもかなり引いてきました

明日より連休に入るため処置はご自宅にてお願いしました。

 

 

 

前回もご説明しましたが、5回コースで料金設定しているクリニックがありますが、当然パワーを上げて照射していかないといけません。

そうすると「やけど」のリスクが高くなります

今回、パワーをたった1段階上げ、やや密に照射しただけでも初回と経過に差が出ました(形成された水疱のサイズ等)。

 

当院は2年契約ですが、医師の指示通り通院していただいている場合に限り、契約期間を超えても追加料金が発生することなく治療を継続します。

※照射を重ねて行くと必ず色素沈着と言われる茶色になる状態を認めます。

色素沈着の状態では積極的に照射することは避けています。つまり照射をお休みする必要があるのです。

その期間も考えると2年間を過ぎてしまうことは実際にあります。

 

綺麗に傷跡を残さず、生活に支障を来さないように消す」ことを第一に考えておりますのでタトゥー除去をお考えの方は一度カウンセリングだけでも構いませんのでご相談ください

今週もお疲れ様でした素敵な週末&休暇をお過ごしください

 

 

  • 東京美容皮膚科クリニック公式フェイスブック
  • 東京美容皮膚科クリニック公式ツイッター
  • 東京美容皮膚科クリニック公式インスタグラム
  • 東京美容皮膚科クリニック公式インスタグラム
  • 東京美容皮膚科クリニック公式ライン

 

 

アーカイブ

人気記事

ページのトップへ戻る