クールスカルプティング

脂肪を凍らせてサイズダウン!
米国人気No.1の切らない痩身治療!

 

東京美容皮膚科クリニックのウルセラはたるみ治療に効果が高くリピート率ナンバーワン。症例数1000名以上で国内トップクラスです。

 

クールスカルプティングはこんな方におすすめ

 

クールスカルプティングの特徴

 

クールアドバンテージ導入

適応部位

 

3種類の形状のヘッドを1本に集約。
しかも治療時間が大幅に短縮され、痛みや赤みも軽減。
治療効果はそのままに、より快適な治療を実現します。

 

治療時間がほぼ半減

新型カップのデザインと低い冷却温度により、1サイクルの所要時間が35分に短縮しました。

より快適な治療

患者様の45%が従来のアプリケーターと比べ、CoolAdvantageの方が痛みが軽いと回答いただきました。(ZELTIQ社調べ)

作用範囲の拡大

新型カップのデザインにより、冷却のおよぶ組織の範囲が拡大されました。

 

クールスカルプティング 適応部位

適応部位

 

クールスカルプティング人気部位

① 腹部

② 二の腕

③ 顎下

 

 

クールスカルプティングの仕組み

脂肪細胞は、皮膚・神経・筋肉など他の組織よりも融点が高く4℃で凍るという特徴があります。
皮膚の表面から4℃で冷却しても他の組織には影響を与えずに、脂肪細胞のみを凍らせてアポトーシス(細胞の自然死)へと誘導するものです。
皮膚や血管等大切な組織にはダメージを与えない温度設定となっているので、身体への負担が少なく安全にサイズダウンが可能です。
死んだ脂肪細胞は2~4ヶ月かけて老廃物として自然に体外へ排出されます。
また脂肪吸引等の外科的手術ではないため、身体には傷も残りません。
施術中は読書などリラックスしてお過ごしいただけます。

クールスカルプティングの仕組みその1
痩せたい部分にアプリケータを装着・吸引し、コントロールされた温度で一定時間、冷却します。
クールスカルプティングの仕組みその2
脂肪だけを凍らせます。
クールスカルプティングの仕組みその3
凍った脂肪は、やがて機能しなくなり、数週間から数ヶ月かけて体外へ排出されます。
クールスカルプティングの仕組みその4
その結果、脂肪の膨らみが減ります。脂肪細胞の数が減るため、リバウンドが少ないといわれています。

アポトーシスとは?

  • 不要となった細胞が自ら死滅すること。

    例えばオタマジャクシからカエルに成長する途中で尻尾が消失するのも、アポトーシスによるものです。

    このようにアポトーシスは自然現象なので、身体に悪影響はありません。

  • アポトーシスのイメージ図

 

 

ページのトップへ戻る