リファームSTは赤外線と高周波(RF)を組み合わせたタイトニング治療です。
トップ > 施術別メニュー > リファームST

リファームST

リファームSTとは

リファームSTの効果と特徴

リファームSTの仕組み

このような方はリファームSTによる施術を受けられません

・発熱している方

・治療部位に金属プレートを埋め込んでいる方

・治療部位に感染性の皮膚疾患がある方

・治療部位に1週間以内にフィラー注入をした方

リファームSTのリスク・ダウンタイム

赤み 直後〜約1、2時間程度
冷却後治まることがほとんどです。
ひりつき・熱感 直後〜約1、2時間程度
軽度の火傷 ほぼありません。
過度に日焼けをした肌に照射した場合起こり得る場合があります。

リファームSTのよくある質問

痛みはありますか?
少し温かく感じる程度です。
痛みはほとんどありません。
心地よく受けていただける施術です。
施術の間隔はどれくらいですか?
基本的に4週間に1度が目安になります。 東京美容皮膚科クリニックでは、3〜4週間毎に3〜5回の治療をお勧めしています。
また、ウルセラサーマクールなどのメンテナンスとして受けられる方は1ヶ月~2ヶ月に1度の頻度で定期的に施術を受けて頂くことで、ウルセラサーマクールの持続効果が長くなるともいわれています。
ダウンタイムはありますか?
稀に少し赤みが出る事がありますが、すぐに引くものがほとんどです。
一時的に乾燥しやすくなりますので、保湿をしっかりしてください。
お化粧は直後から可能です。
3パスとはどういう意味ですか?
1パスがお顔一周分とお考え下さい。
目安として1パス=300ショットになります。
まぶたを除くお顔全体に照射可能です。
東京美容皮膚科クリニックでは、その方のお顔の気になる箇所をお伺いし、その箇所をしっかり照射するなど工夫しております。
3パスと4パスだと効果に違いはありますか?
ショット数が増えますので、4パスのほうがより効果的ですが、東京美容皮膚科クリニックでは、リファームST3パスのトライアルがございます。
まずはトライアルを受けて頂き、効果不十分であれば4パスを検討していただいております。
リファームSTとエンディメッドプロどちらが効果的ですか?
どちらも人気のある施術で、熱の伝わり方はエンディメッドプロのほうがしっかりとした機械です。
機械との相性もございますので、カウンセリングにて医師とご相談頂くことをお勧めしております。
施術時間はどれぐらいですか?
東京美容皮膚科クリニックのリファームSTはトータル60分となります。
メイク落とし・洗顔からさせて頂きます。
照射のお時間は30分程で最後に保湿をして終ります。
初診の方はカウンセリングを含め1時間30分程みてください。
他の施術との組み合わせは可能ですか。
シネロン社が推奨しているe-maxの3つ【フォトRF(SRA)によるシミ治療・リファームSTによるたるみ改善・マトリックスIRによる小じわ・毛穴改善】を組み合わせたトリニティはもちろんの事、BOTOXやHR酸などの注射、ピーリングや目元のスカーレットSやエンディメッドプロの目元などと組み合わせていただけます。
施術によっては同日に出来ないものもありますが、ほとんどの施術が可能となっております。

リファームST 料金【税抜き価格】

初回トライアル
リファームST(全顔3パス)
¥20,000
リファームST 全顔3パス 1回 ¥27,000 3回 ¥75,000 5回 ¥120,000

※1パス=顔1周分の施術の分量となります。(300shotが目安)

※リファームSTを、ウルセラ、サーマクール、の月に1度のメンテナンスとして5回コースをご利用の場合は、¥10,000引きとなります。

○この治療法で用いられる医薬品・医療機器は国内においては薬機法上の承認を受けていません。

*承認を受けていない医薬品・医療機器について「個人輸入において注意すべき医薬品等について」のページをご確認ください。
https://www.yakubutsu.mhlw.go.jp/individualimport/ healthhazard/

○主要な欧米各国での使用状況(承認取得年月日、使用者数、副作用報告等)を含めた海外情報は以下となります。
<承認取得情報>米国(FDA 2008年~)
<潜在的副作⽤>熱傷、水疱形成、痂皮形成、色素沈着、瘢痕形成、紫斑、紅斑等
<重大な副作用>熱傷、瘢痕形成
<海外使用数>約2,000台
<副作用報告等>特に重篤な副作用報告はなし。
○製造元:シネロン・キャンデラ株式会社(米国)

ページのトップへ戻る