トップ > 施術別メニュー > スリムスペック

スリムスペック

スリムスペックとは

スリムスペックの衝撃波で頑固なセルライトを除去

スリムスペックの効果と特徴

スリムスペック3大効果

スリムスペック人気部位

スリムスペック 施術の流れ

1.カウンセリング
患者様のご希望をお聞きし、身体の部分痩せやセルライトについて丁寧なカウンセリングをいたします。

スカーレットS 施術の流れ

2.お着替え
患者様のご希望をお聞きし、身体の部分痩せやセルライトについて丁寧なカウンセリングをいたします。

スカーレットS 施術の流れ

3.施術
ジェルを塗布して行います。(1エリア15分程度 2エリア30分程度)

スカーレットS 施術の流れ

4.仕上げ
リンパドレナージュによって老廃物の排出を促します。

スリムスペック 症例

スリムスペックのリスク・ダウンタイム

ダウンタイム・リスク(副作用)が無い治療とされておりますが、体質により下記症状が起こりうる場合がございます。

赤み ほぼありません
直後~数時間程度

スリムスペックのよくある質問

スリムスペックとはどんな機械ですか?
元々尿路結石の破砕などに使用されていた医療技術を応用し、セルライト除去を目的として改良されたものがスリムスペックです。
体外衝撃波を用いて固まった脂肪に衝撃を与えセルライトを粉砕します。
血行促進効果もあり、むくみの改善にも効果的です。
また衝撃波をあてることで線維芽細胞が刺激され、コラーゲンやエラスチンの生成を促すことができ、お肌を引き締めながら滑らかに整えます。
セルライトとは何ですか?
代謝の悪化や血行不良により溜め込まれた老廃物と、脂肪細胞が絡み合うことで生成されます。
セルライトができることで脂肪細胞の代謝が乱れ、脂肪細胞の肥大化につながり、オレンジの皮のような凸凹が出現します。
お腹周りや、太もも、ヒップにつきやすく、一度できてしまうと肥大した脂肪細胞が血管を圧迫し、血流を悪化させるため悪循環になってしまいます。
セルライトはタンパク質がジェル状に変性したものなのでダイエットでは改善がみられず自分でのケアが難しいのが特徴です。
他のセルライト治療との違いは何ですか?
スリムスペックは他のセルライト治療と異なり、セルライトを衝撃波で粉砕するだけではなく血流やリンパの流れの改善にも効果を発揮します。
老廃物の排泄を促すという作業が同時にできることでより効率的にセルライトを除去することが可能です。
痛みはありますか?
パンパンとリズミカルに衝撃波を与えるだけですので、特に痛みはありません。
セルライトが多くついている場所や肉質が固い方は少し痛みを感じる場合もありますが、肉質が柔らかくなりセルライトが除去されることで徐々に痛みを感じなくなります。
腫れなどの副作用はありますか?
血行が良くなり、一時的に赤くなる事はありますが、基本的にすぐに引く場合がほとんどですので、腫れなどの心配はございません
何回くらいで効果がわかりますか?
1回の施術直後から柔らかくなり、数日後にスッキリしてくるのが分かります。
肉質やセルライトの状態により必要な施術回数には個人差がございますが、セルライトを除去する為には目安として10~12回程かかります。
東京美容皮膚科クリニックでは、スリムスペックによって粉砕されたセルライトが体外へ排泄されやすいように照射後にリンパドレナージを行っております。
リンパドレナージを行なう事で相乗効果がうまれ、スリムスペックの効果をより引き出すことが可能です。
どれくらいのペースで通えば良いですか?
週に1回~2回程度の治療を推奨しております。
スリムスペックは固くなった脂肪を柔らかくしながら徐々にセルライトを減少させていく治療です。
その為、あまり期間が空いてしまいますと効果のご実感が薄なってしまう可能性がございます。
期間が空いてしまう場合はご自宅で入浴時に簡単にマッサージをして頂くなどご自身でもケアをして頂くことを推奨しております。
施術前後の注意点などはありますか?
血行がよくなり、代謝が上がるので、水分補給を十分にしてください。
施術後は代謝が良くなっている為、食べ物の吸収が良くなっております。
しっかりとした食事は施術後2時間程控えて下さい。
もしお食事を摂られる場合はサラダやスープなど軽めのお食事がお勧めです。
スリムスペックを受けられない人や、当てられない箇所はありますか?
下記に当てはまる方は治療をお受けいただけません。
・妊娠している方及びその可能性がある方
・既知の悪性腫瘍と化学療法経験がある方
・血栓または血栓後症候群の方
・抗凝固治療中の方
・コルチゾン治療中の方
・糖尿病・高コレステロール血症の方

※受けられない箇所
衝撃波を与える施術となりますので、頭や顔、胸などには当てられません。
ページのトップへ戻る