シミ取りのダウンタイムの期間は?痛みはある?症状や注意点まで徹底解説!

シミ取り_ダウンタイム

美意識上子

シミ取りのダウンダイムはどれくらい?

美意識高子

きれいにシミが取れるか不安…。

このように、シミ取りをしたいけど、ダウンタイムがどれくらいあるのかを気にしている人は多いのではないでしょうか?

施術をした後にダウンタイムを長くとらなければいけないとなると、困りますよね。

シミ取りは、施術方法にもよって変わりますが、ほとんどダウンタイムがないものもあります。

本記事では、主にシミ取りのダウンタイムについて解説します。

シミ取り ダウンタイムをざっくり言うと
  • レーザー治療は痛みがある
  • メリット・デメリットをしっかり理解
  • 痛みがない治療を希望の場合は相談を
  • ダウンタイムは約2週間程度
  • ダウンタイムのスキンケアは特に重要

シミ取りは、これまでずっとみなさんを悩ませていたシミとサヨナラできる機会です。

しかし、良い面だけではなく注意点もしっかり理解してください。

理想の肌を手に入れるために、シミ取りについて知っておきましょう。

シミ取りとは?

シミ取り_ダウンタイム_シミ取りとは?

シミ取りは、レーザーを当ててシミを取り除く施術です。

以下の内容で、シミ取りについて詳しくお話します。

まずは、シミ取りの基本的なことから知っていきましょう。

シミ取りってどんな施術?

シミ取り_ダウンタイム_シミ取りってどんな施術?
シミ取りとは、レーザー光線を使ってシミの元になっているメラニン色素を破壊させる施術方法です。

メラニン色素は、紫外線を浴びると肌の中のメラノサイトが刺激されることによって形成されるものです。

通常は、肌の生まれ変わりの周期である28日で肌の外へと放出されるもの。

しかし、加齢ホルモンバランスの乱れ肌の乾燥等でそのサイクルが乱れることがあります。

そのような原因でできてしまったシミを取ることができます。

シミ取りのレーザーの種類と特徴

シミ取り_失敗_シミ取りのレーザーの種類と特徴

シミ取りには、複数の施術方法があり、その中で自分に合うものを見つけていきます。

以下に施術の6種類をまとめました。

レーザーフェイシャル レーザートーニング ピコトーニング フラクショナルレーザー ピコスポット QスイッチYAGレーザー
特徴 低出力のレーザー治療 時間をかけてメラニンを減少させる 出力の弱いレーザーを肌全体に当てる 自然治癒力を利用して肌質改善を目指す シミに集中的にレーザーを当てて除去 もとの健康的な肌にダメージを与えない
効果 シミくすみの改善 シミ斑点の改善 シミそばかすの改善 シミニキビの改善 シミそばかすの改善 シミほくろ斑点の改善
副作用 患部の赤みや腫れ 患部の赤みや腫れ 色素沈着 赤み・かゆみ 赤み・かゆみ 赤み・かゆみ
施術回数 1回で効果を感じやすい 3回目から効果を感じやすい 1回で効果を感じやすい 1回で効果を感じやすい 1回で効果を感じやすい 1回で効果を感じやすい
ダウンタイム ほぼなし ほぼなし ほぼなし 2週間程度 1週間程度 1週間〜2週間

シミ取りレーザーといっても、これだけの種類があります。

この中から、カウンセリングを通じて、自分に合った施術方法を見つけてください。

それでは、1つずつ見てきましょう。

レーザーフェイシャルとは、低出力のレーザー治療により、シミやくすみを改善するというもの。

特に、シミ・そばかすに悩んでいる人におすすめの治療法。

治療では、アレキサンドライトレーザーという出力の弱いレーザーが使用されるため、肌に大きなダメージを与えることがないのが特徴です。

医療用の弱いレーザーを使用して、シミの原因になっているメラニン色素を少しずつ時間をかけて治療していく方法です。

時間はかかっても良いから、確実にシミを取りたいという人におすすめです。

また、大きな特徴として、治療が終わった後にカサブタになりにくいというものがあります。

肌が弱い人でも安心して治療をすることができますね。

さらに顔だけではなく、体の他の部分の治療もすることができます。

ピコトーニングは、出力の弱いレーザーで治療するので、痛みも出にくい上にダインタイムもほとんどありません。

ピコトーニングは、シミをとにかく早く綺麗に取り除きたい人におすすめです。

痛みを感じることなく治療をしたい人も多いのではないでしょうか?

「忙しいから、ダウンタイムの時間を取れない」という人もたくさんいますよね。

ピコトーニングは、忙しい人には最適の治療法といえます。

炭酸ガスレーザーを与え、人間の自然治癒力を利用しながら肌質改善を目指すという治療法です。

皮膚の微細なところにレーザーを当てながら治療をしていきます。

そして、傷ついた皮膚は修正を行うために細胞分裂を行うので、コラーゲンが再構築され、肌のハリも出てきます。

まれに、色素沈着を起こすことはありますが、時間とともに改善されていくものなので安心してください。

シミの他に、ニキビに悩んでいる人にもおすすめです。

ピコスポットとは、広域な範囲ではなく、ポイントを定めてレーザーを当てる治療法のことです。

ピコレーザーには種類がありますが、その中でも少ない回数で濃い黒いシミを除去してくれます。

全体的に満遍なくシミを取りたいというよりも、「ここだけはどうしても取りたい!」というシミがある人におすすめです。

また、ピコスポットは、1回の治療で絶大な効果を得られることが特徴です。

個人差はあるものの、大体3回程度の治療で完全にシミとおさらばできます。

時間がない方や、近いうちにシミを取りたい場合はピコスポットを検討してみてください。

ルビーの結晶を使って光を直接放つ治療法です。

近代のシミ取り治療法として、一番有名な治療法です。

シミそばかすあざなど、さまざまな悩みに有効な治療法で多くの人に選ばれています。

シミなどの肌トラブルには関係ない部分には最小限のダメージにとどめ、シミの原因になっているメラニン色素に反応して治療してくれます。

それ故、全然シミが消えない!という心配がありません。

濃いシミだけではなく、薄いシミ茶色いシミなども的確に抽出してくれるので、治療が終わるころには健康的な肌になっているでしょう。

シミ取りはこんな人におすすめ

シミ取り_失敗_シミ取りはこんな人におすすめ

シミ取りは、自分の肌に自信を持ちたいという人におすすめです。

特に顔に目立つシミがあると、どうしても気になってしまいますよね。

具体的に以下のとおりお話をします。

シミ取りはこんな人におすすめ
  • 前向きに過ごしたい人
  • いつまでも若々しくいたい人

1つずつ見てきましょう。

前向きに過ごしたい人

美意識上子

肌に自信が持てなくて人の目線が気になる

目立つシミがあると、それがコンプレックスになって、なかなか前向きになれないという人は多いのではないでしょうか?

シミを取ることで、肌の印象も随分変わり表情もいきいきしてきます。

自分に自信がなく、シミがコンプレックな人におすすめです。

いつまでも若々しくいたい人

美意識高子

いつまでも若いと思われたい

美意識上子

実年齢よりも上に見られてショックだった

という人にシミ取りはおすすめです。

シミがあると、どうしても年齢より老けて見られます。

実の年齢よりも老けて見られるのは誰だって嫌なはず。

シミ取りは、肌がきれいになり若々しく見られます。

肌の調子も良くなり化粧映えもするので、毎日人に会うのが楽しくなりますね。

シミ取りのレーザー治療の痛みについて

シミ取り_ダウンタイム_シミ取りのレーザー治療の痛みについて

シミ取りのレーザー治療は麻酔は使用されないため、個人差があるものの、多少の痛みを伴います。

もし、少しでも痛いのが嫌だという場合は、レーザーが当たる部分を氷で冷やすことにとって麻酔替わりにすることが可能です。

施術中の痛みは、例えるならば、輪ゴムでパチンと弾かれたような痛み。

ものすごく痛いわけでもなけれど、ヒリヒリとした痛みが一定時間残ります。

ほくろを切除する時のように皮膚ごと切除するような施術ではないため、涙がでるほどの痛みではないので、その点は安心して大丈夫でしょう。

シミが小さい場合は、照射時間は約10秒と短いので、少しの間痛みに耐えてください。

シミ取りの痛みを軽減させられるクリニックの選び方

シミ取り_ダウンタイム_シミ取りの痛みを軽減させられるクリニックの選び方

シミ取りの施術の際、痛みが伴うのが嫌であれば、クリニック選びは慎重にしましょう。

人気だからというだけで選んでしまうと、後々後悔する可能性があります。

以下の基準でクリニックを選んでみてください。

シミ取りのクリニックの選び方
  • 痛みを少なくしたいならピコレーザー
  • 経験豊富なクリニックを選ぶ

満足いくシミ取りをするためにも、リサーチをすることが大切です。

痛みを少なくしたいならピコレーザー

シミ取り_ダウンタイム_痛みを少なくしたいならピコレーザー

痛みを出来る限り感じたくない場合は、ピコレーザーをおすすめします。

ピコレーザーは、他の施術方法よりも短い照射時間なので、それだけ痛みを緩和できるのです。

瞬間的にレーザーを当てるので、治療時間も短くなります。

照射時間が短いぶん、肌に与えるダメージも少ないので肌が荒れやすい人にはおすすめです。

ピコレーザーが得意なクリニックを探してみましょう。

経験豊富なクリニックを選ぶ

シミ取り_ダウンタイム_経験豊富なクリニックを選ぶ

痛みについて相談したい人は、経験豊富なスタッフが在籍しているクリニックを選びましょう。

色んなパターンの施術を経験しているため、「この患者にはどのタイプの施術が一番痛くないか」というのをある程度予測することができます。

各施術方法で、どのような痛みがどの程度続くのかをしっかりとスタッフに確認をしてみてください。

少しでも痛みを感じることが嫌なのであれば、表面麻酔をする方法もあります。

経験豊富なクリニックだと麻酔についても詳しいので、相談をしてみましょう。

自分がしっかりと納得した上で施術に臨むのが一番です。

シミ取りレーザー治療のメリット

シミ取りで、綺麗な肌になることは、自分に自信を持てるきっかけにもなります。

まず、シミ取りをすることによって、どのようなメリットがあるのかを見ていきましょう。

シミ取りレーザー治療のメリット
  • シミをなくすことによって自分に自信がもてる
  • 肌にダメージが少ない施術が多い
  • コンプレックスがなくなる

1つずつ解説します。

シミをなくすことによって自信がもてる

シミ取り_ダウンタイム_シミをなくすことによって自信が持てる

シミを取り除くことによって、自分に自信がもてるようになります。

特に女性にとって、シミは年齢を重ねるごとに大きな悩みになります。

日々スキンケアをしっかりとしても、全部のシミを隠すのは難しいですよね。

そんな時おすすめなのがシミ取りです。

肌にダメージが少ない施術が多い

シミ取り_ダウンタイム_肌にダメージが少ない施術が多い

プロが皆さんの肌をしっかりとチェックして、1人1人に合う治療をしてくれるため、肌が傷みにくくなっています。

シミ治療は、シミにピンポイントにレーザーを当てて行われるため、周囲の肌を傷つけることなくシミを消すことができます。

せっかく長年の悩みであったシミが取れても、肌が荒れてしまっては本末転倒ですよね。

肌の状態を保ったまま、シミを取り除くことが理想的です。

コンプレックスがなくなる

シミ取り_失敗_コンプレックスがなくなる

特に顔にシミがあると目立ちますし、人の視線が気になりますよね。

シミ取りをすると、自分でも驚くほどきれいになれます。

今まではシミがあって、それがコンプレックスだったなら、シミ取りで前向きな気持ちになれます。

自分から、積極的に人に会いに行く機会が増えるかもしれません。

周りからも、「前よりも明るくなった」と評判が上がるでしょう。

シミ取りレーザー治療のデメリット

シミ取りの治療には良い面もあれば、悪い面もあります。

しかし、しっかりスタッフに相談したり、対策を取ることによりデメリットを最小限にできます。

シミ取りで考えられるデメリット
  • 副作用が出ることがある
  • 費用がかかる
  • シミが消えないこともある

デメリットと合わせて解決策もお話します。

副作用が出ることがある

シミ取り_失敗_副作用が出ることがある

シミ治療はレーザーを使って行われるため、そのレーザー照射によって、副作用がでることがあります。

プロが慎重に施術を行っているので、ほとんどの人は痛みを感じることはありません。

レーザー治療を受けた部分に痛みを感じることが稀に出てくるのです。

また、レーザー治療後にヒリヒリと肌が痛くなることもあります。

もし痛みが出るのが不安という場合は、事前に麻酔を打つなどの対策もできます。

心配な場合はクリニックで相談してみましょう。

シミが消えないこともある

シミ取り_失敗_シミが消えないことも

レーザー治療が完全に全部のシミを消してくれる訳ではありません。

その人の肌質によって、シミが消えないということもあります。

また、頑固なシミやシミかと思ったら別のもの(ホクロなど)の可能性もあり、その場合はレーザーで取り除くのは難しいでしょう。

シミの種類にもいろいろなものがあり、治療法がその人に本当に適しているかを判断することが難しいといわれています。

つまり、もし1つの治療法を試してみて、シミが消えない場合は肌に合っていないということです。

その場合は、カウンセラーと相談しながら別の治療法を探していきましょう。

費用がかかる

シミ取り_失敗_費用がかかる

シミ取りの費用は、決して安くありません。

シミ取りの治療は数万円、高くなると数十万円することも珍しくありません。

また、消したいシミの数大きさ種類によって金額が変動します。

予算が決まっている場合は、その予算内でできる治療法をカウンセラーと一緒に探していくことをおすすめします。

どうしても試してみたい施術方法があって予算が足りない場合は、分割払いができないかスタッフに確認してみてください。

シミ取りのダウンタイムについて

シミ取りをすると、少なからずダウンタイムが発生します。

短期間で元通りになるものもあれば、一定期間治るまでに時間を要するケースも。

ここでは、以下の内容を含めながらダウンタイムについてお話をします。

具体的にみていきましょう。

回復までの期間はどれくらい?

シミ取り_ダウンタイム_回復までの期間はどれくらい?

シミ取りのダウンタイムは、完全に元通りになるまでは約2週間といわれています。

2週間あれば、かさぶたがはがれて新しい皮膚が形成されます。

症後色素沈着は、自然に治るものですが、人によっては3~6か月かかる人も。

深刻なケースになると、1年近くかかる場合もあります。

なかなか改善されない場合は、スタッフに相談してみましょう。

ダウンタイムで出る症状

シミ取り_ダウンタイム_ダウンタイムで出る症状

ダウンダイムで出くる症状は、複数あります。

ダウンタイムで見られる症状
  • かさぶたになる
  • 赤みが出る
  • ニキビができる

瘡蓋になる

レーザーの熱が当たることによって、その部分が軽度の火傷状態になり、かさぶたになります。

しかし、全てのシミや全ての施術方法でかさぶたになるわけではありません。

シミの種類施術方法、その人の体質によっても変わってくるようです。

また、一般的なかさぶたとは違い茶色がかっているかさぶたができます。

そのため、レーザーによってシミが濃くなったと勘違いされがちです。

無理にかさぶたをはがそうとすると、炎症を起こしてしまい、傷が残る可能性があります。

時間が経過すれば自然と消えるので、触ることなどしないでそのままにしておいてください。

赤みが出る

レーザーを当てることによって、その部分が熱をもち、赤くなることがあります。

しかし、一時的な軽いやけど状態なので、心配する必要はありません。

時間経過と共に元に戻ります。

もし、すぐにでも赤みを抑えたい場合は、施術を受けたクリニック・皮膚科の医師に相談してください。

鎮痛作用のあるパックアイシングをするなど、対応方法はいくつかあります。

ただ、もし赤み出ている部分が水膨れになっていたりする場合は注意してください。

この場合は、しっかりと治療をする必要がありますので、水膨れの症状が見られた場合は医師に相談しましょう。

ニキビができる

レーザーを当てると、熱でどうしても肌が乾燥します。

そのため、外に油分を出そうとする場合があります。

しかし、過剰な油分を放出してしまうと、ニキビができる原因に。

施術を行った後、しっかりと保湿すればニキビを回避することができるので、忘れずにしてください。

効果的なアフターケア

シミ取り_ダウンタイム_効果的なアフターケア

シミ取りの治療の後は、肌が敏感になっているため、しっかりとしたアフターケアが必要です。

どのようなケアが必要かについてお話します。

治療後のケアのポイント
  • 治療した部分を保護しながらスキンケアを
  • 皮膚が再生された後もケアが必要

難しいケア方法ではないので、実践してみてください。

治療した部分を保護しながらスキンケアを

治療してすぐのころは、シミがあった部分を保護しながら化粧水をつけましょう。

シミ取りのレーザー治療によって、その部分がかさぶたになっていることがよくあります。

かさぶたになっているところにも化粧水をつけてしまうと、刺激を与えて傷が残る可能性があります。

自宅にあるバンドエイド、もしくは保護テープを貼って他の部分に化粧水をつけてください。

かさぶたが完全に元通りになるまで約2週間程度かかります。

少し違和感があるかもしれませんが、後々傷を残さないためにもしっかりとケアをしましょう。

皮膚が再生された後もケアが必要

ケアは、治療して皮膚が再生された後も必要です。

治療から約2週間が経過すると、レーザーを当てた部分が薄いピンク色に変化します。

そこから約3ヶ月ほどは色素沈着が起こるので、紫外線ケアは欠かさず行ってください。

この期間、肌は非常にデリケートな時期にあるため、紫外線などの強い刺激を受けることは絶対に避けてください。

ケアを怠ると、その部分がまたシミになってしまいます。

せっかく治療をして理想の肌を手に入れたのに、またシミになってしまっては本末転倒ですよね。

そうならないためにもしっかりとケアをしましょう。

外出時は、天気に関係なく日焼け止めを欠かさず塗ってくださいね。

シミ取りのダウンタイム中の注意点

シミ取り治療後には、少なからずダウンタイムがあります。

各治療法ごとに注意点をみていきましょう。

シミ取りのダウンタイム中の注意点
  • 治療した箇所をこすらない
  • 日焼けには十分注意を
  • 化粧する際は保護テープを使用する

治療した箇所をこすらない

シミ取り_ダウンタイム_治療した箇所をこすらない

治療を行った後、しばらくは紫外線に当たったり、強くこすることをさけてください。

レーザー治療後に、軽いやけど状態になっていることがよくあります。

もし、こすったりした場合は、皮膚がはがれてしまう可能性があります。

そうすると、炎症を起こしたり、別のタイプのシミができることもあるので注意が必要です。

洗顔時に顔を洗う時は、保護テープを貼るなどして触らないように対策をすれば傷になることもありません。

手間でもしっかりとケアしてください。

日焼けには十分注意を

シミ取り_ダウンタイム_日焼けには十分注意を

治療をした後、約1ヶ月日焼けに十分注意してください。

肌が敏感になっている時期なので、少しの刺激が悪影響を与えてしまうためです。

基本的に普段から日焼け対策は必要なのですが、ダウンタイム期間は特に日焼けに止めを十分すぎるほどつけましょう。

特別な日焼け止めを使う必要はないので、毎日欠かさずケアをおこなってください。

化粧をする際は保護テープを使用する

シミ取り_ダウンタイム_化粧する際は保護テープを使用する

約1週間はレーザーが当たった箇所を保護テープなどで隠した状態で化粧をしてください。

なぜなら、治療した箇所に刺激を与えると傷が残ってしまう可能性があるためです。

その他の部分については、基本的に期間を空けなくても通常どおりメイクをしても問題ありません。

まとめシミ取り_ダウンタイム_シミ取り_ダウンタイムのまとめ

シミ取りは、ダウンタイムはありますが、一定の期間の期間が過ぎると元通りの肌になることがほとんどです。

また、施術方法によってはダウンタイムがほとんどないものもあるので、クリニックに相談してみてください。

以下で本記事のおさらいをしましょう。

シミ取り ダウンタイムのおさらい
  • レーザー治療は痛みがある
  • メリット・デメリットをしっかり理解
  • 痛みがない治療を希望の場合は相談を
  • ダウンタイムは約2週間程度
  • ダウンタイムのスキンケアは特に重要

ダウンタイム中は、肌はいつも以上に刺激に弱くなっています。

外出する際は、天候に関係なく、日焼け止めを塗るなどの対策を忘れずに行いましょう。

また、施術後、レーザーを当てた箇所がかさぶたになる可能性があります。

気になるかもしれませんが、触ってしまうと炎症を起こしてしまい、ずっと傷が残るかもしれません。

保護テープをするなどして、自然に消えるのを待ちましょう。

注意しないといけないポイントはたくさんありますが、シミ取りをすることで明るく前向きに人生を送ることができるのもまた事実です。

本記事を参考にして、シミ取りを検討してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。