サイトトップ > ドクターブログトップ > たるみとウルセラ

たるみとウルセラ

ドクター倉田 2017/03/18

こんにちは。

倉田です。

花粉飛散量が多くなっていますがいかがお過ごしでしょうか。

今回のテーマは「たるみとウルセラ」についてです。

東京美容皮膚科クリニックでは2014年4月に導入し現在まで、のべ1000人以上の方にご経験いただいております。

東京美容皮膚科クリニックは浜松町駅直結しており、アメリカ、中国から施術を受けに来られる方も多いです。

先週もアメリカ、中国からお越しいただきました。

僕は英語が苦手ですが(笑)楽しく施術しました。

現在もウルセラの問い合わせが大変多いため改めて「ウルセラとたるみ」をテーマとしました。

まず、ウルセラ ultheraはアメリカのulthera社によって2004年に開発された機器です。

ウルセラ

(2014年、Ulthera社はMERZ社に買収されその傘下に入っています)

もともと肝臓癌の非侵襲的治療のために開発された経緯があります。

2009年9月に米国のFDA(日本の厚生労働省に該当)の認可を受けたるみの治療 Lift upに導入されています。

ウルセラは高密度焦点式超音波治療法 HIFU (High Intensity Focused Ultrasound:以下ハイフ)の医療機器です。

イメージですが凸レンズに光を通すと一点に集光します。

理科の実験で虫眼鏡を用いて太陽光を集光させ黒い紙を焦がしたことがあると思いますが、それを思い描いてください。

レンズ

この原理を用いて手術でしかアプローチできなかった筋膜 SMASと言われる深い層にピンポイントで点状に熱を加えます。

では、なぜ「たるみ」が生じてしまうのでしょうか。

カウンセリングをしているとよく聞かれます。

「たるみ」について少し解説していきます

「たるみ」と深い関わりがあり重要なのはコラーゲンです。

コラーゲンは皮膚の弾力や形状を保つ天然のタンパク質で皮膚を内側から支えています。

コラーゲンは加齢ともに減少していき、皮膚の保水能力も低下していきます。

その結果、皮膚の弾力性が失われ、重力のかかる方向に下がっていきます。

これが「たるみ」の原因です。

では、筋膜に直接アプローチできるウルセラはなぜ優れているのか。

筋膜は皮膚より深い脂肪層と筋層の間にある薄い膜でコラーゲンからできています。

「たるみ」と筋膜の関係ですが、家の基礎に該当するのが筋膜だと思ってください。

基礎がしっかりしていないと、その上の構造物は傾いたり、歪んだりしてしまいます。

ですので「たるみ」を改善するにはこの筋膜が非常に重要となります。

ウルセラは一度に約17発照射します。

ホームページでは分かりやすくアクリル板に照射しています。

小さく点状にコラーゲンを加熱することで、コラーゲンがキュッと縮みます。

そして2〜6ヶ月かけて熱で縮んだコラーゲンの修復が起こります。

傷ができたらそれを修復しようするこの過程を利用するわけです。

傷を修復するため、新しくコラーゲンを作り出され、皮膚を内側から支える働きを取り戻すことで「たるみ」を治療します。

ウルセラをやる上でリスクとダウンタイムのお話は必ずします。

①痛み

痛いっていうのは嫌ですよね。

僕自身もウルセラをうけましたがズーンっていう何とも言えない痛みがありました。

麻酔クリームを別オプションでご提供していますが、筋膜のように深い層だと麻酔クリームの効果はあまり期待できません。

基本的に表面麻酔なのでeye若干は軽減するようです。

痛みを緩和するものとして、片手に収まる大きさの振動する機械があります。

 

これは、振動覚は痛覚より脳への伝達速度が速いので、「痛い」と感じるより先に「ブルブル振動している」と先に感じ、痛みが軽減されるという原理です。

こちらは無料でお貸ししていますのでぜひご使用ください。

ちなみに、僕も終始握りしめていました。

結構効果あります。

また施術後、2日間程度筋肉痛様の痛み・違和感が出ることがあります。

僕は1日で治りました。

②施術後の赤み・むくみ

1.5mmの浅い層を照射した場合、直後にむくみを伴った赤みが出ることがあります。

これは施術後に冷却することでかなり引きます。

稀に線状痕のようになる可能性がありますが化粧で隠せる範囲です。

③神経障害

神経の走行により照射できない箇所が決まっています。

神経に超音波を照射すると神経障害を来すことがありますので、施術前にマーキングを必ず行います。

しかし、神経の走行が通常とは異なる方がおられます。

神経に超音波の影響が出ることで施術後に若干、口角が下がる感じ、しびれる感じ、瞼が重たい感じ等が出現することがあります。

(当クリニックでは過去に1例だけありました。2日後には回復しています。)

早い人で3日程度、遅くとも2ヶ月程度で回復すると報告されています。

東京美容皮膚科クリニックにはウルセラが2台あり、多くのご予約を頂いております。

「たるみ」でお悩みの方、「たるみ」で悩んでいてメスで切るのが怖い方
一度カウンセリングにお越しいただけたらと思います。

完全予約制ですのでお一人お一人様、丁寧にしっかりお話させていただきます。

お待ちしております。

 

 

次回のテーマは「ウルセラとハイフ」です。

それでは今週もお疲れ様でした。

素敵な連休をお過ごしください。

 

 

東京美容皮膚科クリニック公式フェイスブック 東京美容皮膚科クリニック公式ツイッター 東京美容皮膚科クリニック公式インスタグラム 東京美容皮膚科クリニック公式ライン

 

 

アーカイブ

人気記事

ページのトップへ戻る