サイトトップ > ドクターブログトップ > 国際美容医療研究会のセミナー

国際美容医療研究会のセミナー

ドクター倉田 2018/04/21

こんにちは

最近、東京皮膚科クリニックはある世界貿易センタービルでもスーツを着た若い新人社員の方が目立ちます

自分もそうであったように新人の人はどこかぎこちなく目立ちますね(笑)

4月15日に国際美容医療研究会のセミナーに参加してきました。

今回のテーマは「コラーゲン再生を目的としたPCL注入剤とPLAスレッドによる最新コンビネーション治療」でした

 

 

Ting Song Lim(ティンソン・リム)先生の施術を2症例みました

PCL注入剤(製剤名はELLANSE)はヒアルロン酸(当院ではスタイレージやジュビダームを使用しています)ではなく、PCL(ポリカプロラクトン)とCMC(カルボキシメチルセルロース)からできています。

これはbio-stimulatorという概念で、PCLが生体を刺激してコラーゲンなどを作り出すことで肌に張りが出たりリフトアップします

注入時はティンソン・リム先生いわく、「わさび」のような感じがするそうです(笑)

実際の施術をみて、ボリュームを出すものではなく表面的ないわゆる「肌質の改善」がメインなのかなと思いました。

今回はPLAスレッド(SILHOUETTE SOFT)とのコンビネーションでしたがウルセラとのコンビネーションもいいなと思います

今月も日々ウルセラ2台フル活動です

ご予約お待ちしております

 

 

 

  • 東京美容皮膚科クリニック公式フェイスブック
  • 東京美容皮膚科クリニック公式ツイッター
  • 東京美容皮膚科クリニック公式インスタグラム
  • 東京美容皮膚科クリニック公式インスタグラム
  • 東京美容皮膚科クリニック公式ライン

 

 

アーカイブ

人気記事

ページのトップへ戻る