サイトトップ > ドクターブログトップ > 継続治療の必要性と当院の方針

継続治療の必要性と当院の方針

吉井Dr 2019/12/21

医師の吉井です。

もうすぐクリスマス

当院が入っているクレアタワーもすっかりクリスマスムードです。

とても綺麗ですね

 

本日は治療の継続についてお話させて頂きます

当院はたるみ治療をメインに施術を行っています

 

そして私自身、当院で様々な治療を受けています。

サーマクールFLXウルセラHIFUシャワー

CO2フラクショナルレーザースカーレット

トリニティー(SRA、ST、IR)ピーリングエレクトロポレーション

U-225(プラセンタ)額BOTOX眉アート等です。

私のお肌にはどれも相性がよく効果を実感しています。

しかし、さすがにこれら全てを定期的に受けられてはいません

 

 

これらの中で特に

トリニティー(SRA、ST、IR)、ピーリング(サリチル酸)、エレクトロポレーション

CO2フラクショナルレーザー、スカーレット、U-225等の美肌治療、

またHIFUシャワーやスカーレットS、エンディメットプロは継続が大切となってきます。

各施術1回でも効果は感じられますが、

継続して受けることでその効果を持続させ、より良い肌状態を保つことが出来るのです。

 

お肌のターンオーバーは年齢により変化しますが大体30日位です。

治療により推奨間隔は異なりますが、

トリニティー(SRA、ST、IR)、ピーリング(サリチル酸)等はこのターンオーバーに合わせて治療を受けることで効果が高まります。

 

とはいっても実際受けてみないと自分に合っているのか分からないですよね

当院ではコース設定はほとんどしていません(中には患者様のご希望により作っているものもありますが)、

基本的には一度施術を受けてみてご自身に合っていると思ったものを

無理なく続けて頂けるようなご案内の仕方をさせて頂いています。

 

私はこの中でフォトフェイシャルとピーリング、導入を1~2ヶ月に1回

数か月に1回フラクショナルレーザー

1年に1回サーマクール、ウルセラを受けています

 

私自身、昔からニキビとニキビ跡に悩んでおりシミや毛穴も気になっていたのですが、

5年ほど前に初めてフォトフェイシャルとピーリングと導入を受け、お肌の変化を実感し

そこから継続して施術を受け、今では日焼け止めのみで外出できるまで改善しました

当院で眉アートも入れてもらい、朝はスキンケアをして日焼け止めを塗っただけで家を出れるので、朝が弱い私はとても助かっています

 

またフェイスラインや法令線回りのボリューム、たるみが気になる私的に

サーマクールFLXも大好きな治療です。

 

患者様によってはピーリング後の乾燥がしんどい…

フラクショナルレーザーのダウンタイムがしんどかった…

ウルセラに効果は感じているが痛みがどうも苦手…など

治療に対してネガティブな印象を持つ事があるのも事実です。

ご自身で一度効果を実感し、ダウンタイム的にも金銭的にも継続できそうなものをゆっくり継続するのが美肌、たるみ治療でなにより大切なことになります。

 

末永くお付き合いさせて頂けるクリニックであれるよう日々精進してまいります

そして今年も残すところ後2週間あまり、今年も1年間ありがとうございました。

少し早いですがよいお年を。

 

 

  • 東京美容皮膚科クリニック公式ライン
  • 東京美容皮膚科クリニック公式インスタグラム
  • 東京美容皮膚科クリニック公式フェイスブック
  • 東京美容皮膚科クリニック公式ツイッター

 

  • お電話はこちらから
  • ご予約はこちらから
    ご相談はこちらから

 

アーカイブ

人気記事

ページのトップへ戻る