サイトトップ > スタッフブログトップ > 数ある「HIFU」でのたるみ治療について

数ある「HIFU」でのたるみ治療について

2018/03/24

3月も終盤ですね。サクラも咲き始めました。皆様いかがお過ごしでしょうか(^^♪

 

引き続き人気のウルセラリフト

 

ウルセラは、HIFU(高密度焦点式超音波)を使用し、たるみをリフトアップさせることが可能な治療方法です。

 

ウルセラリフト ↓↓

ウルセラ機械

 

HIFUは筋膜(スマス)まで届き、皮膚の深い部分からギュッと縮まることで、リフトアップさせることができます。

以前は皮膚の深い層からのたるみ治療はなかなか難しく、手術でしか顔のリフトアップは出来なかったので、HIFUは、とても画期的な切らないたるみ治療と言われています。

 

当院では、HIFU治療機はウルセラ、スマスセラを導入しています。

特にウルセラはFDAも認可しているHIFUの先駆けの機械です。

 

 

様々なHIFU治療機

 

調べてみると、最近はたくさんのHIFU治療機があるようです。

ウルトラリフトダブロウルトラフォーマーⅢなどはクリニックなど医療機関で使用されているHIFU治療機です。

同じHIFUですが、機械によって微妙に熱量や照射の深さが異なるようですね。

 

 

当院のウルセラとスマスセラを比較しても、少し違いがあります。

 

例えば、照射時の感覚でいうと・・・

超音波が当たる細かい刺激はウルセラの方がはっきり分かります。スマスセラも刺激は分かりますが、ウルセラよりも少しぼんやりとする感じです。

痛みでいうとウルセラの方が多少強いですが、時々奥に響く刺激の感覚はスマスセラの方が感じやすいです。

 

翌日以降の経過は・・・

フェイスラインの筋肉痛のような痛みは、スマスセラはあまりないですが、ウルセラは7割くらいの方に感じられます。

スマスセラは数日~1ヶ月くらいで効果が分かりやすいです。ウルセラも個人差はありますが、2か月程でリフトアップされてきているのが分かると思います。

 

このように、効果や痛みの程度、ダウンタイム、料金など、それぞれ機械によってメリット、デメリットがあると思うので、色々比較してみるのもいいかもしれませんね。

 

ウルセラの詳細ページはこちらから

渡部

 

 

 

  • 東京美容皮膚科クリニック公式フェイスブック
  • 東京美容皮膚科クリニック公式ツイッター
  • 東京美容皮膚科クリニック公式インスタグラム
  • 東京美容皮膚科クリニック公式インスタグラム
  • 東京美容皮膚科クリニック公式ライン

 

 

アーカイブ

人気記事

ページのトップへ戻る