サイトトップ > ドクターブログトップ > ニキビの痕とその対策

ニキビの痕とその対策

  2018/09/21

こんにちは

朝晩、涼しくなってきました

今週は雨が続いていますが

 

前回はウルセラについてでしたが、今回は夏が終わると問い合わせが多くなる「フラクショナルCO2レーザー」についてです

 

ニキビについて

 

尋常性ざ瘡・・・いわゆる「にきび」です。

10〜30歳代までの青年期に多く、とくに思春期に増悪します。

原因としては、ホルモンバランス、皮脂、角化異常、細菌感染などがあります。

これにストレスや食事、化粧品など外的な因子が関係していることもあります

 

ニキビ治療

 

まずは日常生活の改善規則正しい生活、食事が大切です

保険の治療(当院では保険診療はしていません)ではレチノイド外用薬が基本になります。炎症性の高いケースでは抗菌薬の外用または内服を使用することもあります。

 

ニキビ痕とフラクショナルCO2レーザー

 

ニキビに対しては生活習慣の改善、保険診療でも治療が基本ですが、ニキビが痕になってしまった場合はケミカルピーリングやフラクショナルCO2レーザーが有効です。

これには肌のターンオーバーが関係しています。

 

✴︎ターンオーバー

皮膚の基底層といわれるところで新しい細胞が作られ、その細胞が徐々に表面に押し出されます。古い角質は「垢」となって脱落していきます。これをターンオーバーと言います。通常、28日周期です。

加齢や乾燥、前述したようにストレスなどが加わるとこのターンオーバーが乱れると、ニキビの痕が消えにくくなります。

フラクショナルCO2レーザーは炭酸ガスレーザーにより皮膚を「断片的」に焼灼していきます。それによって古い角質が取れベビースキンが表面に出てきます

断片的というところが重要で、これはフラクショナル・テクノロジーと言われます

レーザーを小さな点状に照射する技術になり、ダメージを与えない皮膚組織を残すことができ肌に与えるダメージや痛みを極力抑えることができます。

一回の施術で10%程度、肌が入れ替わるため、複数回の施術が必要となります。

 

ターンオーバーを約28日周期にしてあげるために、施術は1ヶ月間隔ですることが望ましいです

 

フラクショナルCO2レーザーのダウンタイムですが施術後、赤みが3日程度続きます。

その後、瘡蓋となります。施術前の状態に戻るのにトータルで5日〜7日程度です。

強く日焼けをしているとこの施術は受けることが出来ません。ですので今からの時期は問い合わせが増えてきます

夏場にできなかった方、お問い合わせお待ちしております

 

 

  • 東京美容皮膚科クリニック公式ライン
  • 東京美容皮膚科クリニック公式インスタグラム
  • 東京美容皮膚科クリニック公式フェイスブック
  • 東京美容皮膚科クリニック公式ツイッター

 

  • お電話はこちらから
  • ご予約はこちらから
    ご相談はこちらから

 

アーカイブ

人気記事

ページのトップへ戻る