東京美容皮膚科クリニック

開院12年目たるみ治療専門
  • 03-5777-0038
  • 10:00-18:30休診:日、祝
  • ウルセラ・サーマクール専用0120-039-339
  • WEB予約

ルミキシル

ルミキシルとは

医師が開発した次世代のスキンクリーム

  • ルミキシルは米国スタンフォード大学の皮膚研究者によって開発された新しい美白成分「ルミキシルペプチド」を配合した美白クリームです。

    ルミキシルペプチドは天然由来のアミノ酸から成るタンパク質で、シミの原因となるメラニンの生成に関与するチロシナーゼを阻害します。

    また、メラニン生成を均一に抑えるため、部分的に白く色抜けすることなく、加齢や紫外線によるシミ・肝斑・くすみ・色素沈着を改善します。

    美白剤として医療機関でも多く使用されているハイドロキノンより、ルミキシルの方が17倍も高い有効性を持つことが確認されています。
    (チロシナーゼを86%、メラニン生成を40%阻害)

ルミキシルの特徴

エモリエント効果

ルミキシルには、皮膚に潤いと柔軟性、栄養分を保たせる効果(エモリエント効果)があります。
そのため、使用した後に肌がガサガサするようなことがありません。

使い心地の良さ

美白目的で使用される多くの医療用クリームが、使用時にヒリヒリ感や不快な香りを伴うことがあります。
ルミキシルは滑らかな質感で、伸びが良く、毎日使用することができ、ほぼ無臭です。

全ての肌質の方へ

ルミキシルは他の美白製品とは異なり、刺激性アレルギー反応を誘発しないことが確認されています。
様々な肌質の方に安心してご使用頂くことが可能です。

長期に利用しても安全

多くの美白製品の場合、長期間使用することで赤みが出たりヒリヒリすることがあり、長期間の使用が出来ないことがあります。
ルミキシルは、このような心配がありませんので、安心して長期間ご使用いただけます。

ルミキシルの抑制効果

  • チロシナーゼ抑制効果86%

    皮膚のメラニン生成を引き起こす酵素であるチロシナーゼの阻害効果において、ルミキシルペプチドは86%の抑制効果が確認されました。同量のハイドロキノンのチロシナーゼ抑制効果と比較すると、17倍も有効的にチロシナーゼを阻害していることになります。

  • メラニン抑制効果40%

    メラニン抑制効果においても、ハイドロキノンがわずか6%しか抑制できていないのに対し、ルミキシルペプチドは40%もの抑制効果が確認されています。

全ての肌質に安全を

ルミキシルペプチドは一連の天然由来のアミノ酸から成り、構造はタンパク質と全く同一なため体に取り入れても安全です。

ルミキシルペプチドは10種類のアミノ酸から成る合成ペプチドになります。

水溶性であるため、重質油、アルコール、その他の溶剤を用いて調製する必要がなく、優れた非刺激性の特性により微量で処方することができます。

非毒性で細胞レベルに働きかけ、メラニン生成を均一に抑えるため、全ての肌質に安心して使うことができ、調和した均一な外観が長期的に得られます。

ルミキシル 料金【税込】

ルミキシル(LUMIXYL) 50ml ¥19,800

カウンセリング予約・ご相談・お問い合せ