東京美容皮膚科クリニック

開院12年目たるみ治療専門
  • 03-5777-0038
  • 10:00-18:30休診:日、祝
  • ウルセラ・サーマクール専用0120-039-339
  • WEB予約

総合受付・お問い合せ

美容医療用語集

アクネ菌

毛孔(毛包管)の中には数種類の常在菌(ある場所に常に生息している菌)がみられます。

その一つがニキビの悪化と関係の深いP.アクネス(プロピオニ・バクテリウム・アクネスの略)という嫌気性菌です。

空気(酸素)の届きにくい毛孔の中の部分に生息している菌でこの菌は、リパーゼという脂肪を分解する酵素を生産します。

そして、皮脂成分中の中性脂肪を分解して遊離脂肪酸を発生します。

この遊離脂肪酸が毛孔(毛包壁)を刺激して、毛孔の角化や炎症の発生につながり、ニキビを形成します。

サリチル酸マクロゴールピーリング   フラクショナルCO2レーザー