東京美容皮膚科クリニック

開院12年目たるみ治療専門
  • 03-5777-0038
  • 10:00-18:30休診:日、祝
  • ウルセラ・サーマクール専用0120-039-339
  • WEB予約

総合受付・お問い合せ

美容医療用語集

ポリフェノール/リコピン

ポリフェノールは、糖分の一部が変化した植物の苦みや渋み、色素の成分となる化合物の総称で、活性酵素を分解する抗酸化能力に優れた水溶性の物質として注目されており、自然界に5000種類以上存在します。

ポリフェノール同様、活性酵素を分解する強い抗酸化能力を持つリコピンは、カロテノイドの一種で、脂溶性の赤色の色素です。

活性酸素が増加すると、細胞のDNAが傷つき、肌が酸化し、シミ・しわ・肌荒れ・くすみなどの原因となります。

強い抗酸化力を持つポリフェノールやリコピンを積極的に摂取することで、活性酸素を除去し、透明感のある健康的な肌を保つことができます。

また、ポリフェノール、リコピン共に抗酸化作用のほか、生活習慣病の予防・改善効果、脂肪燃焼を促進する効果、血流を改善し血栓を予防する効果など、さまざまな健康効果があり、どちらも積極的に摂取したい栄養素です。

ポリフェノールが豊富に含まれているものの有名なものに赤ワインがあります。

リコピンが豊富に含まれるものは、トマトが有名ですが、トマト以外にもスイカ,ピンクグレープフルーツなどがあります。