東京美容皮膚科クリニック

開院12年目たるみ治療専門
  • 03-5777-0038
  • 10:00-18:30休診:日、祝
  • ウルセラ・サーマクール専用0120-039-339
  • WEB予約

総合受付・お問い合せ

美容医療用語集

乾燥肌

英語でドライスキンといいます。

皮脂分泌量の低下により皮膚表面に油気が不足して艶が無く、きめは細かいが乱れていてしなやかさのない肌です。

乾燥肌は、早めに適切なスキンケアをしないと、荒れ肌に移行します。荒れ肌になると、キメが乱れ、表面を触るとざらざらとしてきます。

乾燥肌が生じる主な直接原因は、角質層の水分不足です。

しっとりしなやかな正常肌は角質層に約20%の水分がケラチンたんぱく質に結合した結合水として、また自由に移動できる自由水として含まれています。

ところが、乾燥肌では含まれている水分量が約10%以下に少なくなっていると言われています。

角質の水分が失われやすいのは、角質の保湿機能やバリア機能が低下して、水分の蒸発を防ぐ作用が弱くなったためです。

乾燥肌は外界からの刺激を受けやすく、またかぶれを起こす原因物質(抗原)が入りやすい肌です。

また、加齢とともに皮脂や汗の分泌が衰えたり、皮脂内部の天然保湿因子(NMF)や角質細胞間脂質が減少すると、保湿機能やバリア機能はますます低下します。

すると、皮膚表面から水分がより蒸発して失われやすくなり、乾燥状態がさらにすすみます。

マルチフォレーシスプロ